入院のご案内

入院案内

病室について

前もってご希望のお部屋をご予約できます。
ただし当院は自然分娩のため、お産が重なると、入院時即希望の個室に入れないこともありますのでご了承下さい。
最終的には、入院順に希望の個室にうつれます。

個室料金

お部屋の種類、料金などについては受付でお聞き下さい。

分娩料無料サービス

4人目以上をご出産される方には入院費のうちの分娩料を無料にさせていただきます。川村産婦人科はママとベビーを応援しています。

面会

原則的には、面会はPM9:00までにお願いします。

母児同室

基本的に、お産をされた翌日から母児同室ですが、産後のお母さんの回復度や疲労度にあわせて、夜間などは、赤ちゃんをナースセンターでお預かりする事もできます。

入院時の注意

  • 規則正しい陣痛がはじまったら、まずお電話下さい。初産婦さんで10分毎、経産婦さんで15分毎です。ただし、家が遠方の方や、骨盤位(逆子)の方は早いめに。
  • 電話で来院を指示されたときは、母子手帳、保険証、診察券、荷物を持って来院してください。
  • 夜間の入院は東側玄関の向かって右に「インターホン」がありますのでそれにて、来院をお知らせ下さい。
  • 夫の立会の場合は入院時に夫立会希望の有無を、スタッフにお知らせください。特別な場合を除いてお受けできます。
  • 来院後はまず診察をして、お母さんのお産の進み具合を確認します。その後、部屋でリラックスしてすごします。

入院時に持参するもの

  • 保険証
  • 母子手帳
  • 診察券

お母さんのもの

  • 生理用ショーツ(2~3枚)普通の生理ショーツで充分です。
  • タオル(2~3枚)
  • 寝衣(2~3枚)前開きでなくても結構です。
  • ブラジャー(2~3枚)乳房をしっかり持ち上げられるカップのしっかりしたものが、おすすめです。ワイヤー入りのものが良く、乳帯やソフトブラは、好ましくありません。
  • ウエストニッパー(ご希望の方には、当院でお分け出来ます。)
※入院中は、当院で洗濯しますので、必ず持ち物には名前を記入して下さい。

赤ちゃんのもの

  • 退院時のベビーウェア一式
※入院中の分は、当院で用意してあります。(オムツ1枚、オムツカバー1枚、肌着1枚、長着1枚、ベビーウェア1枚)

当院に用意してあるもの

  • 産褥セット一式
  • 入院中の赤ちゃんに必要なもの一式
  • 洗面セット(歯ブラシ石けん)
  • スリッパ
  • お茶セット

お部屋について

入院用のお部屋

ほとんどが、ゆったりくつろいでいただける個室。
アメニティグッズを備え、ご希望によりバスルーム付のお部屋をご利用いただけます。
各部屋共、付添宿泊可。和室付特別室ではご家族でお泊まりいただくこともできます。
当院では、奥様と一緒に朝食をとって、ここからご主人が出勤されるというのも、ごく当たり前の風景です。

Aタイプ

Bタイプ

ベッドはツインタイプ。ご主人や上のお子様ともご一緒にお泊りいただけます。

Cタイプ

畳付きなので、ご家族の方もご一緒に泊まれます。
枕元の壁面には唐長(雲母唐長)、唐紙師トトアキヒコ氏の作品を設置。数千年前から存在する文様「角つなぎ」は連綿と続く命のつながり、繁栄を表す。当院の願いをこめて製作していただきました。

新生児室

母児同室を基本としていますが、夜間やお母さんにお疲れが見える時には、こちらでお預かりします。

ラウンジ

お見舞いに来てくださった方も、一緒にいつでもティータイムを楽しめるラウンジ。(10:30~19:00)各お部屋にもお届けします。